• 誕生日にプリザーブドフラワーを贈りましょう

    西洋では恋人など、大切な人にバラの花を贈ると言う風習があります。

    日本でも、花を贈ることはとても喜ばれていますし、特に誕生日のような特別な日に花を贈るということはその人に対する愛情の深さなども読み取ることが出来ます。

    花にはそれだけ、思いや感情が込められるだけの意味があるのです。
    また、結婚や、仕事の都合で遠方に暮らす人に対しても、お祝いの気持ちを込めて誕生日に花を贈るということはとてもよいことです。



    花は贈られた人にとっても幸せな気持ちにすることが出来るし、贈った人も相手の喜ぶ顔を想像するだけで嬉しくさせてくれます。

    しかし、残念なことに切り花はその美しさを長くとどめさせることは出来ません。

    知って得する4meee!の情報が必要な方必見です。

    せいぜい、一週間前後で枯れてしまったり、色あせてしまうでしょう。

    また、植木鉢に植えられた花も、なかなかお世話が難しく、枯れさせないように育てるために労力が必要となってきたりします。それでは、せっかく、誕生日のお祝いにと贈ったのに相手の負担になってしまいかねません。
    そういう方におすすめなのがプリザーブドフラワーです。
    プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施すことによって、鮮やかで美しいままの花を新鮮さそのままの状態で送ることができます。また、栄養や水遣りも一切必要がないので、置く場所さえ気を使えば、半年以上長く保存すことが出来るのです。
    花粉が飛ばないので、花粉症の人にも最適です。

    その花を見るたびに、贈られた時の気持ちを持続させることも出来ます。プリザーブドフラワーだけ贈るのではなく、電報などとセットになったものもあるので、いろいろ探してみるとよいでしょう。